はてなインターン2018に参加した

2018年の8月中旬から9月初旬にかけて、はてなのサマーインターンに参加させてもらった。

developer.hatenastaff.com

めちゃくちゃ良かったので、雰囲気が伝わるように記録したい。

応募

5月くらいから深刻に「インターンしないといけない」と考え始めた。まず自分が行きたい業界がわからんし、インターン生募集サイトに行っても「アットホームな環境で社員と親密な関係に!」みたいなやつは怖いし、かといって「学生にも手加減なし!厳しい環境で圧倒的成長を!」みたいなやつも怖いしで、ずっと鬱々としていた。

就活サイトの口コミを見ていると精神を病みそうだったので、個人のインターン体験記を読みたいなーと思って「インターン 感想 はてなブログ」で検索した*1ら、過去のはてなインターン生の感想ブログ記事がいっぱい出てきた。読んでみると異常に楽しそうだったので、ダメ元で応募することにした。

まず応募フォームを提出して、その後面接を受けた。私はアピールできるほどの技術力がないので、応募フォームではちょっとでも目に止まるようにプライベートで作ったものを並べて、面接では「学ぶことが好きです」とアピールしようとした。そしたら受け入れてもらえることになった。

前半過程: 講義

前半2週間は講義パートで、webアプリを作るにあたって必要な知識を網羅的に教えてくれる。今年はサーバーサイドの言語がGoにリニューアルされた上、GraphQLなども新たに導入されて、制作物の雛形なども全部それに合わせて作られていたので、このインターンにものすごく力を入れて準備してくださってるんだなぁと実感してありがたい気持ちになった。

メンターのid:miki_beneさんが、私が生み出したアホみたいなバグの原因を解明したり、課題に直接関係ないところでもちょくちょく効率化の方法や便利機能を教えてくださったおかげで、あまり残業することなく過ごすことができた。でも、私の体力がなさすぎたせいで終業後の飲み会などのイベントにあまり参加できず、ちょっと勿体なかった気がする。

後半過程: チーム配属

フロントエンド寄りの知識しかなかったことと、多くのユーザーを持つサービスに携われたら楽しそうという気持ちから、コンテンツプラットフォームコースを希望した。希望通り、Giga Viewer*2を開発するマンガチームに配属してもらえた。何にでも「優勝」や「最高便利」という接頭辞をつけるid:mizdraさんというインターン生と同じチームだった。メンターと見紛うほどの勢いで私にいろいろ教えてくれて、心から感謝しています。

マンガチームの中では主にid:hitode909さん、id:onkさんにメンタリング&コードレビューをしていただきながら開発した。本業やミーティングで忙しそうなのに、Slackで質問したらすごい速さで答えをくれるし、丁寧かつ的確なコードレビューをしてくれるし、木魚を叩けばすぐに助けに来てくれるなど、全面的にサポートしてくださった。

2週間で、id:mizdraさんの「お気に入り機能みたいなものがほしい」というアイデアから更新通知機能を作り、私の「前後のエピソードとかにシームレスに移動したい」という希望が発端でviewer画面のSPA化を行った(どちらもとなりのヤングジャンプのみで利用可能)。開発は最高に楽しかったし、作った機能はめっちゃいいと確信しているが、リリースがかなりバタバタしてしまった。最終日ぎりぎりに出せたものの、その場しのぎの実装をいくつか残してしまうし、最終日の懇親会中に東京オフィスの方々にデバッグさせてしまうしで、反省している。あと一週間くらい続けたかった。

f:id:YaaMaa:20180910221611p:plainf:id:YaaMaa:20180910221909p:plain
作った更新通知機能

チームごとの社内投票の結果、マンガチームは優勝は逃したけど2位になることができて、驚いたし本当に嬉しかった。

他のインターン生・社員さんともに、皆とんでもなく頭が良いけど、決して人間性を捨てているわけではなくて、むしろすごく気遣いができる親切な人しかいなかった。インターン生で一人だけ女だから大変そう、と慮って飲みに誘ってくれたり、「進路悩んでるみたいだけど、エンジニアとしてでも生きていけると思うから自信持って」と励ましてくれたり、優しさがすごすぎて感動した。

普段エンジニアや理系の人と関わる機会が少ないので、今回のインターンでそういう人たちの文化に触れたり他人と比べて自分に何が足りないのかを認識できたりしたことは、貴重な経験となった。

ただ、現社員さんたちの就活体験談は、「バイトしてたら誘われてそのまま入社」とか「サークルの先輩から続く伝統に則ってインターン→入社」みたいなのばっかりで、全然参考にならなかった。

ホテル

手配していただいたホテルは、快適で素晴らしいホテルだった。空調を設定したら秒で反応してくれるし、部屋の電気のスイッチは寝たまま手が届く位置にあるし、トイレは迅速かつ力強く流れるし、非の打ちどころがない。

ただ、シャワーの出し方が結構難しかった。湯の出口としてシャワーヘッドと蛇口があって、初め「出口を選択→湯を出す」のが正解かと思って10分くらい頑張ったけどできなくて、結局「湯をどこからでもいいから出す→出口を切り替える」という方法で成功した。この方法、「ペットボトル飲料を飲むときにボトルを逆さまにしてからキャップを開ける」くらいの違和感がある。

あと、一人部屋なのに枕が二つある。調子に乗って二つ重ねて使ったら、頭部の傾斜が急になったことで奥歯に大きな力が加わり、朝起きたら顎の側面がめっちゃ腫れていた。一日中インターンに集中できないほど痛かったので、これから泊まられる方は気をつけてほしい。

感謝

私の進度に合わせて丁寧に教えてくださったメンターの方々、いろいろ調整してインターン生がやりたいことを最大限やらせてくださったマンガチームの皆さん、そして、インターンの企画運営に関わった全ての方、本当にありがとうございました!

他のインターン生の記事

存在に気づいたら順次貼ります。

e-ntyo.hatenablog.com

blog.meteors.me

tomoyaf.hatenablog.com

turtar-fms.hatenablog.com

*1:普通のテンションで詳らかに書いてあるレポート系記事ははてなブログに多いっていうイメージがあったから

*2:Web上でマンガviewer機能や管理機能を提供しているサービス。となりのヤングジャンプ少年ジャンプ+くらげバンチコミックDAYSなどで使われている